人見知りが読んで参考になる営業本を本気で選んで見ました。


1.内向型営業マンの売り方にはコツがある(大和出版) ムリに自分を変えないほうがうまくいく!

巷にあるのは、どちらかというとイケイケの営業が読む本ばかりの中、私はこの本を読んで変わりました。

「自分は営業に向いていない」と思っているあなた。じつは、そんな人ほどこの本に書かれている手法は効果があるんです。しかも、ムリに自分を変える必要はありません。内向型の個性を活かすーーそれだけで「売れる営業」になれるんです。

 


 


2.営業 野村證券伝説の営業マンの「仮説思考」とノウハウのすべて

10万部を売り上げたベストセラー営業本「鬼速PDCA」の最新刊。仮説検証型の営業プロセス改善で圧倒的な成果をあげたその営業ノウハウを学ぶことが出来ます。「足で稼げ」「営業は人情勝負だ」などの悪しき慣習から抜け出し、一生使える地に足のついたノウハウを身につけたい全ての営業マンにとって参考になる内容です。実際に著者が使っているExcelシート配布も嬉しいところ。

 


3.凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク

お客さんは特定の商品ではなく「自分の欲求を満たしてくれる手段」を手に入れにやってくるという基本を再認識させてくれる一冊。いきなり商品を勧めるので はなく、その背後にあるお客様の不満を炙り出すことが大切と説きます。読んでみると当たり前と思う内容ですが、基本に立ち返りたいときに繰り返し読んでい ただきたいです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

凡人が最強営業マンに変わる魔法のセールストーク [ 佐藤昌弘 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/4/25時点)

 

 


4.説得・説明なしでも売れる!「質問型営業」のしかけ

売上を伸ばす正しい営業とは、欲求を高めるために質問し、お客様の口から買う理由を言ってもらうこと。間違っても営業マンから押し付けて説明をしてはいけません。売りつけられたと感じさせないための円満型営業の極意を学ぶことが出来ます。

 

 



5. “最低でも目標達成”できる営業マンになる法

最強の案件管理ツール、【予材管理】について書かれた本。

営業をしていると追いきれていない案件だったり、「検討する」で長期間停滞している案件が出てくると思います。

僕の定義では停滞案件は【在庫】であり、この【在庫】を貯めている限り契約数が伸びることはありません。

獲得までは必ず【白地→仕掛け→獲得】のステップを踏む必要があります。

逆に言うとこの流れを最大化させられれば予材の代謝が起こり、新しい案件が舞い込みやすくなります。

最強の案件管理ツール、【予材管理】について是非触れてみてください。

実践できる人であればか

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

“最低でも目標達成”できる営業マンになる法
価格:1512円(税込、送料別) (2018/4/25時点)

 


番外編 売れる型のフォロワー 感覚でなく論理で売る方法

一応私の本も。。。笑

どちらかというと広告営業をしている方に向けて書きました。

 


まとめ

人見知りが使える営業技術はたくさん。

良い本に出会うことが全て!